映画

【ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅】

投稿日:2020年1月4日 更新日:

世界中で愛される「ハリー・ポッター」シリーズが完結して5年。

その原作者であるJ.K.ローリングの新シリーズ第1作目、「ハリー・ポッター」シリーズより数十年前のアメリカ大陸を舞台とし、魔法世界の新時代を描いた作品が公開。

全世界興行収入は約900億円、日本では73.4億円の大ヒットを記録しました。

ここでは『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のストーリーや、そのストーリーを動かす登場人物・キャスト、魅力的な魔法動物たち、映画制作スタッフなどを紹介します。



【ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅】ストーリー

「ハリー・ポッターと賢者の石」からさかのぼること約70年前、1926年のアメリカ、ニューヨークの魔法界に危機が迫っていた

不可解な現象がニューヨークの街中に破壊の爪痕を残し、新セーレム救世軍(魔法界の壊滅を目的とし血道を上げる過激な集団)をはじめとする、ノー・マジ(マグル:普通の人間)にも、魔法界の存在を知られてしまいそうになる。

一方、ヨーロッパでは巨悪な魔法使いゲラート・グリンデルバルドが、悲惨でいたましい災いを引き起こした後に逃走し、行方をくらましていた。

そんな中、魔法動物の調査と保護活動を行いながら、世界各地を旅していた魔法動物学者のニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)がニューヨークに到着する。

彼が持っている革のトランクには想像をはるかに越える空間が広がっていて、絶滅から救い出されたたくさんの魔法動物たちが入っている。

ところが、ひょんなことから何も知らないノー・マジのジェイコブ・コワルスキー(ダン・フォグラー)のトランクとニュートのトランクが入れ替わってしまう。

さらに、その中の魔法動物をうっかり街中に逃してしまったことで、ただでさえ緊迫するニューヨークにさらなる火種をまいてしまい、街はパニックに陥ってしまう。

当時、職務で失態をおかしてしまい降格していた元闇祓いのティナ・ゴールドスタイン(キャサリン・ウォーターストン)は、かつての捜査官の職に返り咲く絶好のチャンスと考え、「ノー・マジに魔法を見せた」という、アメリカ魔法界の法律・機密保持法に対する重大な違反の疑いがあるニュートの調査に早速乗り出す。

ティナはニュートを逮捕し、マクーザ(MACUSA:アメリカ合衆国魔法議会)の本部に連れて行くが、その時ニュートが持っていたトランクは、パンや焼き菓子が入っているジェイコブのものだったため、釈放される。

その後、2人はジェイコブとニュートのトランクを見つけ、ティナは隙を見てそのトランクをマクーザに持って行ってしまう。

そして、ニューヨークで起きている一連の不可解な事件は、ニュートが逃してしまった魔法動物の仕業と考えた、闇祓いにしてマクーザでトップクラスの魔法使いでもあるパーシバル・グレイブス(コリン・ファレル)がニュートにも、さらにティナにも疑惑の目を向け、ニュートとティナは死刑宣告を受けてしまう。

そこで同志となったニュートとティナは、ティナの妹クイニー(アリソン・スドル)とノー・マジのジェイコブを加えて一致団結。

追われる身となった4人は、逃げた魔法動物を捕まえ、被害の発生を未然に防がなくてはならないが、行く手には想像を超える苦難が次々と待ち受けていた。

それでも使命を果たすべく、魔法界とノー・マジ界に対立抗争を起こしかねない闇の勢力と対決することになる。

【ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅】登場人物・キャスト

ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)

ポーペンティナ・ゴールドスタイン(キャサリン・ウォーターストン)

クイニー・ゴールドスタイン(アリソン・スドル)

ジェイコブ・コワルスキー(ダン・フォグラー)

パーシバル・グレイブス(コリン・ファレル)

クリーデンス(エズラ・ミラー)

メアリー・ルー・ベアボーン(サマンサ・モートン)

セラフィーナ・ピッカリー(カーメン・イジョゴ)

ヘンリー・ショー・シニア(ジョン・ヴォイト)

ナーラック(ロン・パールマン)

ゲラート・グリンデルバルド(ジョニー・デップ)

【ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅】魔法動物

ボウトラックル(Bowtruckle)

ニフラー(Niffler)

サンダーバード(Thunderbird)

デミガイズ(Demiguise)

スウーピング・イーヴル(Swooping evil)

オカミー(Occamy)

グラップホーン(Graphorn)

ムーンカーフ(Mooncalf)

エルンペント(Erumpent)

マートラップ(Murtlap)

ビリーウィグ(Billy wig)

【ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅】映画制作スタッフ

監督: デイビッド・イェーツ

脚本・製作: J.K.ローリング

製作: デイビッド・ヘイマン スティーブ・クローブス ライオネル・ウィグラム

製作総指揮: ティム・ルイス ニール・ブレア リック・セナ

撮影: フィリップ・ルースロ A.F.C./ASC

美術: スチュアート・クレイグ

衣装: コリーン・アトウッド

編集: マーク・デイ

音楽: ジェームズ・ニュートン・ハワード

視覚効果監修: ティム・バーク クリスチャン・マンズ

 

関連記事

【ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅】

【ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生】

【ファンタスティック・ビースト】魔法動物(ビースト)一覧

 

Googleアドセンス




Googleアドセンス




-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1】見どころ5選

前作「ハリー・ポッターと謎のプリンス」で、ホグワーツ魔法魔術学校の校長アルバス・ダンブルドアを亡くして、彼の意志を継いだハリー・ポッターとロン・ウィーズリー、ハーマイオニー・グレンジャーの3人は、分霊 …

【ハリー・ポッターと賢者の石】見どころ5選

世界で愛され続ける「ハリー・ポッター」という壮大な魔法ワールド。 J.Kローリングの全7巻の世界的ベストセラー小説は、4億5000万部という驚異的な販売部数を突破。

【ハリー・ポッターとアズカバンの囚人】見どころ5選

3年生となったハリー・ポッターは、ついに両親の死の真相を知ることになる。 また両親を亡くしたハリーに、家族と呼べる心強い存在が現れ、物語が大きく動くシリーズ第3章。

no image

【ファンタスティック・ビースト】魔法動物(ビースト)一覧

世界中で愛される「ハリー・ポッター」シリーズが2011年に完結して5年。 その原作者であるJ.K.ローリングの新シリーズ第1作目、「ハリー・ポッター」シリーズより数十年前のアメリカ大陸を舞台とし、魔法 …

【ハリー・ポッター】世界の魔法学校

「ハリー・ポッター」シリーズで魔法学校といえばホグワーツ魔法魔術学校ですが、世界にはいくつかの魔法学校があります。

カテゴリー