【ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団】見どころ5選

前作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」で、ついに復活を遂げた闇の帝王ヴォルデモート

今作から、これまでの闘いとは比べものにならないほどの本格的な激しい攻防戦が繰り広げられる。

物語の後半戦に突入し、愛や友情、喜びと悲しみ、希望と絶望、様々な感情が交差しながらも、闇の勢力と必死に闘うハリーたちの姿を描かれたシリーズ第5章。

ここでは『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』のストーリーや登場人物・キャスト、騎士団のメンバー、映画制作スタッフなどを紹介します。

最後には、個人的に印象的だったシーンや見どころを5つ選抜して紹介しているので、今作を見るときはそこにも注目してみて下さい。

スポンサーリンク

【ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団】ストーリー

ハリー・ポッターダドリー・ダーズリーは、突然、人間界に現れたディメンターに襲われた。

ハリーは守護霊の呪文を使ってディメンターを追い払うが、未成年の魔法使いは自己防衛以外の魔法を使ってはいけないとして、魔法省はハリーをホグワーツ魔法魔術学校から退学させようとする。

その後ハリーは、迎えに来たアラスター・ムーディはじめ不死鳥の騎士団のメンバーと共に、騎士団の本部に向かう。

そこでシリウス・ブラックアーサー・ウィーズリーモリー・ウィーズリー、そしてロン・ウィーズリーハーマイオニー・グレンジャーと合流する。

その夜、ハリーは騎士団のメンバーから、ヴォルデモートが極秘にしか手に入らないあるものを探していることを聞かされる。

ハリーの尋問の日、尋問官として魔法大臣コーネルウス・ファッジ、上級次官ドローレス・アンブリッジが、ハリーの証人にはアルバス・ダンブルドアとアラベラ・フィッグが参加。

ヴォルデモートの復活を認めず、またその噂を根絶させるため、ファッジはハリーを魔法界から追い出そうと考えていたが、尋問の結果、自己防衛のために魔法を使ったことが証明され、ハリーは無罪放免となる。

新学期が始まり、5年生になったハリーたちだったが、ホグワーツにはルビウス・ハグリッドの姿はなく、闇の魔術に対する防衛術の教授に尋問のとき法廷にいた、アンブリッジが就任していた。

魔法省の息のかかったアンブリッジは、授業で「防衛術の理論」という本を読ませるだけで、実技を全く扱わない。

さらにアンブリッジはホグワーツ高等尋問官に就任し、背景にある魔法省の存在をちらつかせながら権力を振るい、逆らう者には容赦なく処罰を与えていた。

そこで彼女に対抗すべく、ハーマイオニーは来たる決戦のためにも有志を集めて、闇の魔術に対する防衛術の訓練を目的とする、ハリー率いるダンブルドア軍団の結成を提案する。

ある夜ハリーは、ロンの父アーサーが何者かに襲われるという夢を見る。

しかし、それは夢ではなく、なぜかヴォルデモートと互いに意思と意思が通じるようになったことで見えた、実際に現実で起こった出来事だった。

そんな中、アズカバンから死喰い人が10人脱獄したという知らせが入る。

脱獄囚の中には、ネビル・ロングボトムの両親を拷問し廃人にしたとされる、ベラトリックス・レストレンジも含まれていた。

またある時、再びハリーはシリウスが拷問されるという夢を見た。

そしてハリーは、ロン、ハーマイオニー、ネビル、ルーナ、ジニーと共に、夢に出てきた魔法省の神秘部に向かい、無数にある「予言の玉」の中から、ヴォルデモートを倒すためのヒントとされる予言の玉を見つけ出すが、同じく予言の玉を手に入れようとする死喰い人が突然現れる。

危機的状況に陥ったハリーたちだったが、不死鳥の騎士団のメンバーが救援に駆けつけた。

しかし、激しい攻防戦の中で予言の玉は砕かれてしまい、その直後、シリウスはベラトリックスの放った呪文によって命を落としてしまう

怒りと悲しみで感情をコントロールすることができなくなってしまったハリーは、逃げようとするベラトリックスを追いかけるが、そこにヴォルデモートが現れる。

さらに、ヴォルデモートとデスイーターの暴走を止めるためダンブルドアも駆けつけ、激しい死闘を繰り広げる。

20世紀で最も偉大な魔法使いと闇の帝王の直接対決のすえ、ヴォルデモートとベラトリックスは撤退するが、そこにコーネリウス・ファッジを初めとする魔法省の高官が駆けつける。

そして、ようやく魔法省はヴォルデモートの復活を認め公言する。

誰もが恐れていた最悪の事態に、重苦しい空気に包まれる魔法界。

復活したヴォルデモートの魔の手は、ホグワーツだけでなく魔法省内部にまで及んでしまう。

スポンサーリンク

【ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団】登場人物・キャスト

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)

ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)

ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)

アルバス・ダンブルドア(リチャード・ハリス)

ミネルバ・マクゴナガル(マギー・スミス)

ルビウス・ハグリッド(ロビー・コルトレーン)

セブルス・スネイプ(アラン・リックマン)

ヴォルデモート(レイフ・ファインズ)

ドローレス・アンブリッジ(イメルダ・スタウントン)

ベラトリックス・レストレンジ(ヘレナ・ボナム=カーター)

ルーナ・ラブグッド(イヴァナ・リンチ)

ニンファドーラ・トンクス(ナタリア・テナ)

キングズリー・シャックルボルト(ジョージ・ハリス)

アラベラ・フィッグ(キャスリン・ハンター)

グロウプ(トニー・モーズレー)

スポンサーリンク

【ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団】騎士団のメンバー

  • アルバス・ダンブルドア
  • ミネルバ・マクゴナガル
  • セブルス・スネイプ
  • ルビウス・ハグリッド
  • シリウス・ブラック
  • リーマス・ルーピン
  • アラスター・ムーディ
  • アバフォース・ダンブルドア(アルバス・ダンブルドアの弟)
  • ジェームズ・ポッター(ハリーの父)
  • リリー・ポッター(ハリーの母)
  • フランク・ロングボトム(ネビルの父)
  • アリス・ロングボトム(ネビルの母)
  • マンダンガス・フレッチャー(ならず者)
  • ピーター・ペティグリュー(死喰い人に寝返る)
  • アーサー・ウィーズリー(ロンの父)
  • モリー・ウィーズリー(ロンの母)
  • ビル・ウィーズリー
  • チャーリー・ウィーズリー
  • フレッド・ウィーズリー
  • ジョージ・ウィーズリー
  • フラー・デラクール
  • ハリー・ポッター
  • ロン・ウィーズリー
  • ハーマイオニー・グレンジャー
スポンサーリンク

【ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団】映画制作スタッフ

監督:デイビッド・イェーツ

脚本:マイケル・ゴールデンバーグ

撮影:スワヴォミール・イジャック

音楽:ニコラス・フーパー

衣装:ジャニー・ティマイム

スポンサーリンク

【ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団】見どころ5選

・癖のあるドローレス・アンブリッジ

性格は残忍で卑劣かつ几帳面で、生徒からも教授からも嫌われている。

また、ピンクで着飾った姿もさることながら、同じくピンクで装飾された彼女の部屋には驚かされました。

おまけに甲高い声をしていて、かなりの猫好き。

個性的なキャラがたくさん登場する「ハリー・ポッター」シリーズの中でも、トップクラスに癖のあるキャラクター。

 


・ダンブルドア軍団の結成

自分たちの身を守るため、そして闇の勢力に対抗するために結成されたダンブルドア軍団は、生徒だけでできた組織にもかかわらず、かなり頼もしい。

アンブリッジに生徒だけの組織の結成は校則で禁止されていた状況で、あの成績優秀で真面目なハーマイオニーが言った「何かワクワクしない?校則を破るのって!」というセリフは印象的。

 


・フレッドとジョージの覚悟

フレッド「俺たちの未来は、学び舎の外にありって思うんだけど。」

ジョージ「俺も全く同じことを考えてた。」

退学を決意したフレッドとジョージが、授業中に箒に乗って現れて、豪快に花火を打ち上げるシーンは爽快感抜群。

 


・不死鳥の騎士団VS死喰い人

ハリー率いるダンブルドア軍団の中のわずかなメンバーとデスイーターとの呪文のかけ合い。

後から駆けつけた不死鳥の騎士団のメンバーも加わって、息継ぎを忘れてしまうくらいの激しい攻防が繰り広げられます。

 


・ダンブルドアVSヴォルデモート

待ちに待った20世紀で最も偉大な魔法使いアルバス・ダンブルドアと、闇の帝王ヴォルデモートの直接対決は、迫力満点で絶対見逃せません。

 

関連記事

【ハリー・ポッターと賢者の石】見どころ5選

【ハリー・ポッターと秘密の部屋】見どころ5選

【ハリー・ポッターとアズカバンの囚人】見どころ5選

【ハリー・ポッターと炎のゴブレット】見どころ5選

【ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団】見どころ5選

【ハリー・ポッターと謎のプリンス】見どころ5選

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました