【ハリー・ポッターと謎のプリンス】見どころ5選

前作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」で、完全に復活してしまったヴォルデモート

彼の脅威が魔法界だけにとどまらず、人間界にまで拡大してしまう。

さらにセブルス・スネイプの過去ヴォルデモートの不死の秘密が明らかになり、最終章に向けて物語が大きく動きだすシリーズ第6章。

ここでは『ハリー・ポッターと謎のプリンス』のストーリーや登場人物・キャスト、映画制作スタッフなどを紹介します。

最後には、個人的に印象的だったシーンや見どころを5つ選抜して紹介しているので、今作を見るときはそこにも注目してみて下さい。

スポンサーリンク

【ハリー・ポッターと謎のプリンス】ストーリー

ドラコ・マルフォイは、ヴォルデモートから危険な使命を受けていた

それを心配に思ったドラコの母ナルシッサ・マルフォイは、セブルス・スネイプに息子を護衛するよう頼み込む。

しかし、スネイプを信用していないベラトリックス・レストレンジは、決して破ることのできないように「破れぬ誓い」を結ぶことを命じる。

また、もしドラコが使命を果たせなかったときは、スネイプが代わりに任務を遂行しなければならない

 

ハリー・ポッターは、親友ロン・ウィーズリーの実家の隠れ穴に向かう途中、迎えにきたアルバス・ダンブルドアと共に、彼の同僚で元ホグワーツ魔法魔術学校の教授ホラス・スラグホーンの元を訪れ、再び教鞭を取るように説得し、彼はしぶしぶ承諾した。

 

ヴォルデモート復活が報じられた影響で、すっかり活気を失ってしまったダイアゴン横丁。

そこでドラコを見かけたハリーとロン、ハーマイオニーは、彼の行動を怪しみ後を追うことに。

ドラコは夜の闇(ノクターン)横丁のボージン・アンド・バークスという店に入り、何やら話をしている。

彼の父ルシウス・マルフォイがデスイーターのメンバーということもあり、もしかするとドラコも同様にデスイーターではないかと考えたハリーは、ホグワーツ行き特急でドラコの正体を探ろうとする。

しかし、ドラコに気づかれてしまい、危うく列車に取り残されそうになる。

 

今年は、闇の魔術に対する防衛術をスネイプが担当し、スラグホーンが魔法薬学を教えることになった。

初めての魔法薬学の授業で、ハリーが借りた古い教科書には「半純血のプリンス」と書かれていて、魔法薬のことだけでなく、その教科書の前の持ち主が発明したとされる呪文が記されていた。

ハリーは半純血のプリンスの正体を追いかけると同時に、ダンブルドアの元でヴォルデモートとの対決に備えるため、トム・リドルの過去を探っていく。

そんな中、ついに彼が作り出し、不死身の秘密の鍵となっている「分霊箱(ホークラックス)」の存在を突き止める。

また、この分霊箱は7つあり、全部破壊することがヴォルデモートを倒す唯一の方法だということを知る。

ハリーはダンブルドアと共に分霊箱の捜索に向かい、新たな分霊箱を見つけ出すことはできたものの、そのときに闇の罠と闘ったダンブルドアは、酷く衰弱してしまう。

何とかホグワーツの天文台塔に戻ってきたハリーとダンブルドアだったが、待ち伏せしていたデスイーターに包囲される。

さらにそこには、ヴォルデモートからダンブルドアの殺害を指示されているドラコがいたが、躊躇して実行できない。

すでに闘う気力を失い、杖を取り上げられたダンブルドアはスネイプに「頼む」と言い残し、その直後、殺害されてしまう。

一部始終を目撃し怒り狂ったハリーは、半純血のプリンスが記していた呪文でスネイプに対抗するが返り討ちにあってしまう。

そしてスネイプは、自分こそが半純血のプリンスの正体だということを打ち明ける。

その後、彼はドラコたちと共に逃亡。

 

ダンブルドアの死を惜しみ、天に向けて光が放たれている中、ハリーは来年はホグワーツに戻らず、分霊箱を探し出して破壊することを決意する。

そして、ロンとハーマイオニーもハリーに同行する覚悟を伝え、3人は分霊箱探しの旅に出ることに。

最終章に向けて続々と明らかになる謎や新たな展開の中、またしても悲しい別れを強いられるハリー。

それでも運命のときが刻一刻と迫り、さらに増していく緊張感は、最終章への期待を徐々に募らせていく。

スポンサーリンク

【ハリー・ポッターと謎のプリンス】登場人物・キャスト

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)

ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)

ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)

アルバス・ダンブルドア(リチャード・ハリス)

ミネルバ・マクゴナガル(マギー・スミス)

ルビウス・ハグリッド(ロビー・コルトレーン)

セブルス・スネイプ(アラン・リックマン)

ホラス・スラグホーン(ジム・ブロードベント)

ヴォルデモート(レイフ・ファインズ)

ナルシッサ・マルフォイ(ヘレン・マックロリー)

ラベンダー・ブラウン(ジェシー・ケープ)

ケイティ・ベル(ジョージーナ・レオニダス)

ロミルダ・ベイン(アンナ・シェーファー)

スポンサーリンク

【ハリー・ポッターと謎のプリンス】映画制作スタッフ

監督:デイビッド・イェーツ

脚本:スティーブ・クリーブス

撮影:ブリュノ・デルボネル

音楽:ニコラス・フーパー

衣装:ジャニー・ティマイム

スポンサーリンク

【ハリー・ポッターと謎のプリンス】見どころ5選

・クィディッチで大活躍するロン・ウィーズリー

クィディッチのメンバーに選ばれ、キーパーを任せられたロンは、試合直前ガチガチに緊張。

しかし、あることがきっかけで自信に満ち溢れ、試合では見事大活躍します。

全体的にピリピリとしている今作だからこそ、かなり印象的で見どころの一つだと思います。

 


・ハリーとジニー、ロンとハーマイオニー

ディーン・トーマスと付き合っているジニー・ウィーズリーに、不器用ながら密かに恋心を抱くハリー。

そして、ラベンダー・ブラウンと付き合い、人目もはばからずデレデレしているロンの姿を見て悲しむハーマイオニー。

彼らの恋の行方はどうなるのか、乞うご期待。

 


・ヴォルデモート不死の秘密「7つの分霊箱」

闇の帝王ヴォルデモートが肉体を失ったにもかかわらず、復活できた不死身の身体の秘密。

その鍵を握るホラス・スラグホーンの記憶。

そして、明らかになる「分霊箱」という存在。

次作「ハリー・ポッターと死の秘宝」を楽しむためにも、しっかりと理解しておきましょう。

 


・ハリー・ポッターVSドラコ・マルフォイ

怪しい行動を繰り返すドラコと、その不穏な空気を感じていたハリーが「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の決闘クラブ以来の直接対決。

魔法使いとしての実力も確実に成長した彼らの激しい攻防戦は、短いシーンながらも迫力満点です。

 


・ダンブルドアの死と半純血のプリンス

20世紀で最も偉大な魔法使いで、ホグワーツ魔法魔術学校の校長でもあり、ハリーの恩師でもあるアルバス・ダンブルドアが、セブルス・スネイプが放った死の呪文によって命を落としてしまうという衝撃的なラスト。

なぜスネイプが、何の目的でダンブルドアの命を奪ったのか・・・?

やはりスネイプは悪者だったのか・・・?

謎が深まる衝撃のラストは、最終章「ハリー・ポッターと死の秘宝」の中で明らかになる。

 

関連記事

【ハリー・ポッターと賢者の石】見どころ5選

【ハリー・ポッターと秘密の部屋】見どころ5選

【ハリー・ポッターとアズカバンの囚人】見どころ5選

【ハリー・ポッターと炎のゴブレット】見どころ5選

【ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団】見どころ5選

【ハリー・ポッターと謎のプリンス】見どころ5選

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました