映画

ハリー・ポッターが蛇と話ができるのはヴォルデモートの影響だった!?

投稿日:2020年10月21日 更新日:

シリーズ第1作目「ハリー・ポッターと賢者の石」でハリーが爬虫類館の蛇と話をするシーンがあります。

初めは「魔法使いは蛇と話をすることができるのか」と、あまり深く考えなかったことでしょう。

しかし、蛇と話をすることができるのは、魔法使いの中でもごくごくまれな存在です。

  • パーセルタング:蛇語
  • パーセルマウス:蛇語を使うことができる魔法使い

 

そこで、主人公ハリー・ポッターが、なぜ蛇と会話することができたのか紹介したいと思います。



ハリー・ポッターが蛇語を話せるのはヴォルデモートの影響だった!

ハリーがまだ赤ん坊だった頃、父ジェームズ・ポッターと母リリー・ポッターは、闇の魔法使いヴォルデモートに襲われて命を落としてしまいます。

その後、ヴォルデモートは死の呪文を使って、ハリーの命をも奪おうとしました。

しかし、リリーが愛する息子を守るためにかけていた愛の魔法によって、ヴォルデモート自身に跳ね返り、自らの死の呪文によって肉体を失うことになります。

その時に、肉体を失ったヴォルデモートの魂の一部が、ハリーの中に入り込んでしまいます。

パーセルタング(蛇語)を使うことができるパーセルマウス(蛇語を使う魔法使い)だったヴォルデモートがハリーの中に宿ってしまったことで、ハリーもパーセルタングを使うことができるようになったというわけです。

トム・リドル(ヴォルデモート)が蛇語を話せるのは!?

ハリーはヴォルデモートの影響を受けて、蛇語を使えるようになりましたが、そもそもヴォルデモートはなぜ蛇語を使えるのか?

パーセルマウスのほとんどは、ホグワーツ魔法魔術学校の創立者の1人で、偉大な魔法使いサラザール・スリザリンの子孫だと言われています。

つまり、パーセルマウスだったサラザール・スリザリンの血を受け継いで生まれたヴォルデモートも、パーセルタングを使うことができたということです。

シリーズ第2作目「ハリー・ポッターと秘密の部屋」に登場した若き日のヴォルデモートであるトム・リドルの母メローピー・リドル(メローピー・ゴーント)は、もちろんサラザール・スリザリンの直系の子孫で、パーセルマウスでした。

一般的にパーセルマウスは、スリザリンの継承者で、闇の魔法使いと深い繋がりがあると言われています。

Googleアドセンス




Googleアドセンス




-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

【ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生】

「ファンタスティック・ビースト」シリーズ第1作目、全世界興行収入は約900億円、日本では73.4億円の大ヒットを記録した「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」が2016年に公開。 それから2年 …

【ハリー・ポッター】シリーズに登場する呪文一覧

「ハリー・ポッター」シリーズには、数多くの呪文が登場します。

【ハリー・ポッターと謎のプリンス】見どころ5選

前作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」で、完全に復活してしまったヴォルデモート。 彼の脅威が魔法界だけにとどまらず、人間界にまで拡大してしまう。

【ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団】見どころ5選

前作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」で、ついに復活を遂げた闇の帝王ヴォルデモート。 今作から、これまでの闘いとは比べものにならないほどの本格的な激しい攻防戦が繰り広げられる。

no image

【ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅】

世界中で愛される「ハリー・ポッター」シリーズが完結して5年。 その原作者であるJ.K.ローリングの新シリーズ第1作目、「ハリー・ポッター」シリーズより数十年前のアメリカ大陸を舞台とし、魔法世界の新時代 …

カテゴリー