映画

「賢者の石」がポケットに現れたのは「みぞの鏡」とダンブルドアが関係!?

投稿日:2020年10月23日 更新日:

シリーズ第1作目「ハリー・ポッターと賢者の石」のクライマックスで、体を失い弱り切ったヴォルデモートが登場します。

復活のためヴォルデモートは「賢者の石」を奪い取ろうするものの、石の隠し場所がわからず、なかなか見つけ出すことができません。

賢者の石が見つかったのは、何とハリーのポケットの中。

ヴォルデモートが見つけ出せなかったのはなぜか?

なぜ、ハリーのポケットに賢者の石が現れたのか?

「賢者の石」の出現には「みぞの鏡」とダンブルドアが関係

ヴォルデモートは失った肉体を取り戻すため、賢者の石を手に入れようとします。

そのことを知ったアルバス・ダンブルドアは、「自分のために石を使う者」ではなく、「見つけても使う気がない者」が鏡の前に立ったとき、賢者の石を取り出すことができるという魔法をかけ、「みぞの鏡」の中に隠しました。

そして、みぞの鏡には、鏡に映る者の望みを映しだす力があります。

 

みぞの鏡に映る姿


  • クィレル → 手に入れた賢者の石を使って、ヴォルデモート復活の手助けをする姿
  • ハリー → クィレルやヴォルデモートよりも先に賢者の石を見つけ出す姿

 

つまり、ヴォルデモートやクィレルは、賢者の石を使って、失った体を取り戻そうとしていたため、みぞの鏡から石を取り出すことができませんでした。

ハリーは石を使うことが目的ではなく、ヴォルデモートやクィレルより先に石を見つけ出し、守ろうとしていただけだったため、取り出すことができました。

 

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【ハリー・ポッターとアズカバンの囚人】見どころ5選

3年生となったハリー・ポッターは、ついに両親の死の真相を知ることになる。 また両親を亡くしたハリーに、家族と呼べる心強い存在が現れ、物語が大きく動くシリーズ第3章。

no image

【ハリー・ポッター】登場人物 ストーリーを動かす主要キャラクター

「ハリー・ポッターと賢者の石」から始まったJ.K.ローリングの全7巻の世界的ベストセラー小説は、4億5000万部という驚異的な販売部数を突破。 さらに映画化され、累計約9268億円と大ヒット。

no image

【ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅】

世界中で愛される「ハリー・ポッター」シリーズが完結して5年。 その原作者であるJ.K.ローリングの新シリーズ第1作目、「ハリー・ポッター」シリーズより数十年前のアメリカ大陸を舞台とし、魔法世界の新時代 …

no image

ハリー・ポッターが蛇と話ができるのはヴォルデモートの影響だった!?

シリーズ第1作目「ハリー・ポッターと賢者の石」でハリーが爬虫類館の蛇と話をするシーンがあります。 初めは「魔法使いは蛇と話をすることができるのか」と、あまり深く考えなかったことでしょう。

no image

「賢者の石」を生み出した重要人物「ニコラス・フラメル」とは?

シリーズ第1作目「ハリー・ポッターと賢者の石」で、「ニコラス・フラメル」という名前がたびたび登場します。 「賢者の石を作り出した人物」ということで、とても重要な人物になりますが、名前のみの登場というこ …