【ハリー・ポッターと賢者の石】見どころ5選

世界で愛され続けるハリー・ポッターという壮大な魔法ワールド。

J.Kローリングの全7巻の世界的ベストセラー小説は、4億5000万部という驚異的な販売部数を突破。

さらに映画化され、累計約9268億円と大ヒットを巻き起こし、歴史に残る全8作の史上最強ファンタジー映画でもある「ハリー・ポッター」シリーズの第1作目のハリー・ポッターと賢者の石

ここではハリー・ポッターと賢者の石のストーリーや登場人物・キャスト、作中に登場する魔法動物・ペット、映画制作スタッフなどを紹介します。

最後には、個人的に印象的だったシーンや見どころを5つ選抜して紹介しているので、今作を見るときはそこにも注目してみて下さい。

 

スポンサーリンク

【ハリー・ポッターと賢者の石】ストーリー

生まれて間もなく両親を亡くし、ロンドン近郊に住むダーズリー家に引き取られていた、この物語の主人公ハリー・ポッター

彼は、伯父のバーノンと伯母のペチュニア、この2人の一人息子のダドリーから奴隷のように扱われ、孤独な毎日を送っていた。

そんなある日、突然ハリーの元にホグワーツ魔法魔術学校から入学許可書が届く

そして、11歳を向かえたハリーはホグワーツの森番をしているルビウス・ハグリッドから自分が魔法使いだということを聞かされ、ホグワーツに入学することを決意する。

またハリーの両親(父ジェームズ・ポッター、母リリー・ポッター)は、闇の魔法使いヴォルデモートから命を奪われたことや、その当時、赤ん坊だったハリーも命を狙われるが生き延び、呪文をかけたはずのヴォルデモートは身体を失ったことも聞かされる。

 

入学式の日、ホグワーツ行き特急でロン・ウィーズリーハーマイオニー・グレンジャーに出会い、3人は寮の組み分けでグリフィンドールに所属することになり、ハリーとロンはすぐに親友になった。

 

そしてハロウィンの日、ホグワーツに入り込んだトロールから狙われたハーマイオニーを2人は見事救い出し、この出来事がきっかけで3人の絆はさらに深まり、行動を共にするようになる。

ある日ハリーは、箒の飛行訓練でミネルバ・マクゴナガルにその才能を認められ、最年少シーカーに選ばれ、クィディッチの試合に出場する。

しかし、そこでハリーは何者かに呪文をかけられ、危うく箒から振り落とされそうになる。

トロールの騒ぎのとき足にケガをしていたこと、クィディッチの試合のときに怪しい行動をしていたことで、真っ先に疑われたのはセブルス・スネイプだった。

 

そんな中、ハリーとロン、ハーマイオニーはニコラス・フラメルという人物の存在と、不老不死の力があるとされている賢者の石の存在を知る。

そして、その石がホグワーツのどこかに隠され、スネイプに狙われているものだと考えていた。

またハリーは禁じられた森で、蘇りの効果があるとされているユニコーンの血をすすっている何者かに遭遇し襲われる。

さらにハリーは、そこで出会ったケンタウルスのフィレンツェから、ヴォルデモートが賢者の石を使って失った肉体を取り戻そうとしていることを聞かされ、それを阻止するため、ロンとハーマイオニーと共に賢者の石の捜索にかかる。

悪魔の罠、空飛ぶ鍵、巨大チェスなどの仕掛けを見事突破し、ついに最後の部屋に辿り着いた。

そこでハリーが目にしたのは、スネイプではなくクィリナス・クィレルだった・・・。

 

ハリー、ロン、ハーマイオニー、彼らの友情と知恵を活かし、ハリーのまだ見ぬ秘められた力を武器に、両親の仇をとるため、そしてホグワーツや魔法界、そして人間界にまで及ぶ危機を救うため、闇の魔法使いたちとの宿命の闘いが描かれた物語がここから始まった。

スポンサーリンク

【ハリー・ポッターと賢者の石】登場人物・キャスト

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)

ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)

ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)

アルバス・ダンブルドア(リチャード・ハリス)

ミネルバ・マクゴナガル(マギー・スミス)

ルビウス・ハグリッド(ロビー・コルトレーン)

セブルス・スネイプ(アラン・リックマン)

クィリナス・クィレル(イアン・ハート)

マダム・フーチ(ゾーイ・ワナメンカー)

フィリウス・フリットウィック(ワーウィック・デイヴィス)

アーガス・フィルチ(デイビッド・ブラッドリー)

ドラコ・マルフォイ(トム・フェルトン)

ネビル・ロングボトム(マシュー・ルイス)

シェーマス・フィネガン(デヴォン・マーレイ)

ディーン・トーマス(アルフレッド・イーノック)

フレッド・ウィーズリー(ジェームズ・フェルプス)

ジョージ・ウィーズリー(オリバー・フェルプス)

バーノン・ダーズリー(リチャード・グリフィス)

ペチュニア・ダーズリー(フィオナ・ショウ)

ダドリー・ダーズリー(ハリー・メリング)

スポンサーリンク

【ハリー・ポッターと賢者の石】魔法動物・生物とペットたち

魔法動物・生物

トロール(Troll)

ケンタウルス(Centaur)

三頭犬・ケルベロス(Cerberus)

ユニコーン・一角獣(Unicorn)

ペット

ヘドウィグ(白フクロウ)
飼い主:ハリー・ポッター

スキャバーズ(ドブネズミ)
飼い主:ロン・ウィーズリー

クルックシャンクス(猫)
飼い主:ハーマイオニー・グレンジャー

ファング(犬)
飼い主:ルビウス・ハグリッド

トレバー(ヒキガエル)
飼い主:ネビル・ロングボトム

ミセス・ノリス(猫)
飼い主:アーガス・フィルチ

スポンサーリンク

【ハリー・ポッターと賢者の石】映画制作スタッフ

監督:クリス・コロンバス

脚本:スティーブ・クローブス

撮影:ジョン・シール

音楽:ジョン・ウィリアムズ

美術:スチュアート・クレイグ

衣装:ジュディアンナ・マコフスキー

スポンサーリンク

【ハリー・ポッターと賢者の石】見どころ5選

・人生が一変した11歳の誕生日
孤独な生活から抜け出し、この日から主人公ハリー・ポッターの魔法使いとしての生活が始まります。

 


・新しい仲間たちとの出会い
これから数年にわたる華やかでもあり、過酷で壮絶な運命を共にする仲間との出会いは、学生時代を思い出させることでしょう。

 


・歴史あるホグワーツ魔法魔術学校
生徒や教授が式典や食事をする大広間、寮の談話室、動く階段、壁に飾られた肖像画、校長室など、1000年以上の歴史があるホグワーツ魔法魔術学校には、魅力的な部屋や仕掛けが満載。

 


・最年少シーカーでクィディッチ初試合
最年少でシーカーに選ばれ、さらに初めてのクィディッチの試合にもかかわらず、素晴らしい判断力と、持ち前の飛行能力を披露し大活躍するハリーの姿は必見。

 


・「賢者の石」を命がけで守る小さな英雄たち
1年生のまだまだあどけないハリーとロン、ハーマイオニーが様々な試練をくぐり抜け、自分たちの運命と向き合い闇の魔法使いと勇敢に闘うシーンは、今作一番の見どころ。

 

関連記事

【ハリー・ポッターと賢者の石】見どころ5選

【ハリー・ポッターと秘密の部屋】見どころ5選

【ハリー・ポッターとアズカバンの囚人】見どころ5選

【ハリー・ポッターと炎のゴブレット】見どころ5選

【ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団】見どころ5選

【ハリー・ポッターと謎のプリンス】見どころ5選

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました